テレワーク、始める前のパソコンのセキュリティチェック

mmblog

仕事を自宅で行う・・・テレワーク。セキュリティと言っても具体的にどうだという話もないと、と思い、書き出しました。
メールのプレビューオフ、添付ファイルのプレビューオフ、ポップアップのメールのプレビューを停止など。
聞きたい隣がいない時には、遠隔の操作補助の活用を。聞いたほうが、操作はダントツ早いです!!
ざっくり1時間5,000円。遠隔ソフトでの操作補助、導入作業も、操作支援できます。
会社単位の保守も、歓迎します。価格、お見積りします。守秘義務誓約書、契約書など用意あります。
いつもは出張で行っている、中小事業主様向けITサポートを電話に変えました!!緊急時の即戦力になります!!


メールに添付を送るときは、パスワードをかけましょう(ホスティングサーバによっては添付ファイルに自動でパスワードかけてくれるサービスも出ています。せめて、ウイルスチェックしてくれるサーバの選択や、メール設定の暗号化など、生命線となるホスティングのセキュリティの見直しを)
ウェブシールドで表示されない、あやしいサイトもあります。そもそも、怪しいサイトは近づかないのが基本。アクセスしない。
動画のダウンロードをするフリーのソフトにも注意(そもそも違法です)これを起点に広がるウイルスの駆除頻度多しです。
添付ファイル・・・開くときは、右クリックでウイルススキャンかけてから・・・。
windowsのアップデートやソフトのアップデートもやりましよう
メールの暗号化やVPNでの通信やデータの暗号化を。

今回のことで、あらためて、インフラエンジニアの個人事業主は社会的評価が低い!!と知りました。
でも、全然平気、明日、世界が変わろうと、未来へ未来へ消えていくことと向き合う気持ちは変わりません。
もし今日が私の・・・だったら、たぶんいつもと変わらず、イチミリススムと唱えます。あきらめないこと、それだけ、です。

通信、データ暗号化、ソフトウェアVPN設定

 

タイトルとURLをコピーしました