読んだ本『古くてあたらしい仕事』

高橋源一郎さんがラジオで紹介されていた『古くてあたらしい仕事』を読みました。
仕事で煮詰まる風があると、相棒は、活字クールダウンをススメマス。私は、たぶんあんまり高機能に出来ていないので、何とかの犬のごとく、手渡されるそれにはまり、クールダウン。今回も、すっかり、パターン化されたルーチンで、いつもを、取り戻せました。
そんなことで、世界へ。合い間、合い間に開くページ。ページの間に挟む指。
ただ、本だけ読んでる脳にはならず、読みながら、自分の世界に引き寄せて、違うことをどこかで考え、また読み進み、何か交差させて、窓の外を見るという風。
日常は、煩雑。
煩雑を、どこかで、自分に戻してくれる魔法をかけてくれるものは、たぶん、体質とかもあるんだろうなと思いますが、スポーツが苦手な私は、映画だったり、読書だったりが、クールダウンの薬となるようです。
 
外の世界が、慌ただしくなれば、なるほど、こういう存在にに救われます。
 
文章が書けるわけでもなく、ピアノがひけるわけでもないけれど、触れることは好きなんだろうな。
そういう私に向けて書いてくださった本、そんな風に受け止めて。いい時間いただきました。
 
大きい会社も小さい会社も、あっていいし、多種多様。相性みたいな世界で周る世界。
『古くてあたらしい仕事』、『遠い誰かの言葉がぼくに勇気をくれる』世界。
 
違う世界を持って生きているけれど、同じ時代に生まれたから出会えた縁です。
肯定も否定も同じもので出来ている。
新しい時代・新しい世界、多様な支え合いで世界が出来ていると考えたら、どちらがどうなんて、傍らに置いておけばいいだけのことなのかも。

電話回線 データ回線、見直し、更改に、セカンドオピニオン手配
 
 
 
 
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました