「TLS1.2」が有効となっていますか?有効になっていないと、ページが正しく表示されなくなりますという案内。理由は、脆弱性の見つかっている「TLS1.0」「TLS1.1」を使わなくした(無効化します)からというもの。

では接続する側としては、どうすべきか?サーバ側で無効化するって話であって、見るほうには関係ないというわけでもない。なぜならWEBサイトの閲覧において、「TLS1.0」「TLS1.1」の脆弱性対策を行っていないページを表示も、チェックがついていたら出来てしまうわけで。

場所 コントロールパネル→表示方法を小さいアインコンにして→【インターネットのプロパティ】→【詳細設定】

「TLS1.0」「TLS1.1」のバージョンは、脆弱性が確認されているため、チェックを外し、適用ボタンを押下。

SSL1.0 SSL2.0 SSL3.0 TLS1.0 TLS1.1→TLS1.2へ(TLS1.3も出てきている)。TLSではあるけれど、SSLと呼ばれながら進化してきている。実際に動いているのは、TLS。そういう名前のセキュアプロトコル。認証、暗号化、改ざん検出を行う。ウェブページのHTTPS、メールの送信のSMTPS、ファイル転送のFTPSに使われる。

作業を行うと、見れないサイトも出てくる。接続しようとしているサイトは、脆弱性のある「TLS1.0」「TLS1.1」を使っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・