「TLS1.0」「TLS1.1」のチェックを外す?

「TLS1.2」が有効となっていますか?有効になっていないと、ページが正しく表示されなくなりますよという案内が時々見られるようになりました。理由は、脆弱性の見つかっている「TLS1.0」「TLS1.1」を使わなくした(無効化します)からというもの。

では接続する側としては、どうすべきか?サーバ側で無効化するって話であって、見るほうには関係ないというわけでもない。なぜならWEBサイトの閲覧において、「TLS1.0」「TLS1.1」の脆弱性対策を行っていないページを表示も、チェックがついていたら出来てしまうわけですから。

場所 コントロールパネル→表示方法を小さいアインコンにして→【インターネットのプロパティ】→【詳細設定】

「TLS1.0」「TLS1.1」のバージョンは、脆弱性が確認されているため、チェックを外し、適用ボタンを押下。

SSL1.0 SSL2.0 SSL3.0 TLS1.0 TLS1.1→TLS1.2へ(TLS1.3も出てきている)。TLSではあるけれど、SSLと呼ばれながら進化してきている。実際に動いているのは、TLS。そういう名前のセキュアプロトコル。認証、暗号化、改ざん検出を行う。ウェブページのHTTPS、メールの送信のSMTPS、ファイル転送のFTPSに使われる。

作業を行うと、見れないサイトも出てきます。接続しようとしているサイトは、脆弱性のある「TLS1.0」「TLS1.1」を使っているということ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ジオトラストのSSL/TLS サーバ証明書の入れ替え

  2. 通信費 適正化 補助ISDN終了前点検

    法人 通信費 固定費の見直し 決算時期に向けて 2018

  3. 不安定の原因、解明せず

  4. NETGEAR WAC730-10000S で Faceb…

  5. HUBのループ

  6. オフィスの引っ越し、移転 通信回線移転のサポート

ブログ一覧