縁があり、助成金と補助金の違いというお話をお聞きしました。助成金は、条件が整い、予算に間に合えば受けられる。補助金は、採択されなければ受けられない。興味深いお話しでした。時々は外に出て、いろいろ、聞いてみるものです。助成金も補助金も、手をあげなければはじまらない。→手をあげてもダメなこともありますが、アンテナはあげておきたいと思います。

 

レンタルサーバーの移転代行、VPN、LAN設計構築、事業主様の通信インフラ構築、最近では”通信費の適正化調査”など、事業主さんにご提案するITには、費用が発生します。少しでも、負担が軽くなり、導入できるのであれば、補助金情報収集は継続課題決定です。

そんな中、「ミラサポの専門家登録申請」というものがありました。詳細はサイトでどうぞ。

「ミラサポ」:https://www.mirasapo.jp/

 

サポートセンターにいろいろお聞きしながら登録を試み中→長野県においては「長野県よろず支援拠点」の推薦が必要で、国家資格が必要とのこと。

そう、藤塚にも国家資格!がありました。ギリギリセーフで合格した情報処理技術者(2002) ITパスポート。

ミラサポ専門家登録がかなったら、藤塚を呼んでいただくのにも補助金が出る?(宿泊代も出るの?)

→ナナメ読みです。

自己PR欄には以下を記載しました。

メディアメソッド代表藤塚佳苗です。優れた技術者でも、話の上手な営業でもありません。事業主様が、適正な価格で、最良なサービスを導入できるよう、メディア(媒体)をメソッド(手続きし、実行)できるよう、努めています。縁の下で支える技術者です。

狭い範囲で、端っこの方で、29年度も、研鑽していきます。

追記 2017/04/26

登録完了 詳しくは「ミラサポ」中小企業庁へ