インターネットにつなぐ機器が増えてきて、後から付ける機器のために、ルーターの設定を変更した結果のトラブル。

ベンダーさん側の主張

「お客様には、トラブル防止のために新規ネットワークをすすめています」

「お客様より、ルーターの設定変更の許可をいただいています。」

「(その構成については)聞いていません」

 

以下以前の設定

原因の切り分けには、ネットワークを、スタートから追っていかないといけない。

ひとつのネットワークに、DHCPサーバーがふたつ!?コリジョン(衝突)が発生している。

ネットワークのトラブルは、ループだけじゃない、コリジョン(衝突)もある!!

スタッフスマホ接続ネットワークに業務系機器!!

新たに導入された情報機器のIPは、設定変更が難しい(業務をとめるわけにはいかない)

 

機器の重要度で、風はアゲインストとなる。

 

情報機器は増えていく。

業者間の切り分けのために、いくつもの”光”を用意できる事業主様であればいいけれど、そうもいかない場合も多い。

ツーセッション、セッション追加もあるにしても、

共存していかざるを得ない場合のここの部分、課題が多い。

 

 

問題は、いちから、すべてを追っていかないといけないこと。そして、これ、何度もあるのは、大変すぎる。

案が何も浮かばずにいます。

 

ベンダーに指摘をすると、

「お客様から(そういうネットワークになっているとは)聞いていないので。お客様から依頼を受けた、御社でお願いできますか?」

逃げるための、定番のフレーズは、どこかで、配られているようで。(泣)どっかで、前も聞いたセリフ。

 

地場だけど、向こうは、軍団である・・・(藤塚考えぬいた敗北の一句)

 

置き去りにされるのは、費用を負担するお客様である…