サーバー移転代行、ネットワーク工事、システム導入、維持管理 法人IT部分サポート

重大な事故に至る可能性がある出来事に

家から持ってきた無線ルーターを会社のLANにつなぐ。

お客様に社内の無線LANのSSIDとパスワードを教えてしまう。(NASまで見える)

掃除のついでに、空いているLANケーブルを、空いた場所に挿す。

重大な事故に至る可能性がある出来事は、ランサムウェアや機器の脆弱性の問題だけに限らない。

CSIRT ガイド(JPCERT CC)には、

「インシデント (incident)」とは、一般的に「重大な事故に至る可能性がある出来事」

と紹介され、

このようなインシデントを対応するCSIRT(シーサート)を作って、準備を整えましょうとあります。

(1)インシデントを検知し、あるいはその報告を受けることにより認知し、影響の拡大を防ぐとともに、

(2)情報を収集して分析を加え、インシデントの全体像や原因について把握し、

(3)復旧措置や再発防止のための措置を取る一連の活動を指します。

そして、

インシデント対応において、まず意識すべき点は、インシデントの発生を完全に回避する予防策はない

ともあります。

 

なくなることはないけれど、都度対応していく。対応できる体制を作っていく。

(そうか、なくなることはないんだ。救われた気になる)

 

ネットワークのトラブルやら、

クラウドサービスとの連携のトラブル、

繋がらなければ、仕事にならない。お客様は、「何もしていないのに調子が悪くなった」と主張される。

インシデントの対応の指揮は、お客様なのに。

 

ネットワークのサポートにおいては、会社の規模を問われることもある。

引くときは、引くようにもしている。

だけど、私側の主張は、

確かに、向こうは軍団。会社の規模で仕事を依頼したい方、それで解決ができるならそれで進めていただいて構わない。

かゆい背中のその場所に、あたたかな手で掻くこと。私の後ろにいる技術やさんたちは、少なくとも、それを解決するために私の元に集まってくれている。少なくとも、出来ない言い訳のために集まることはしない。

解決できないこともあるけれど、うちは、解決するために、人を集めて、動いています。(おたけびモード)気持ちだけが前を向く、危なっかしいやり方ではあるけれど。

藤塚だって、失敗するだろう?はい、します。(いやいや、私が言っているのは、小手先で逃げる術だけたけている、その若者に、悔しいだけだ)

むむ、やはり数日前からの出来事を引っ張っている

そして、どこか、負け惜しみっぽい。

 

 

 

関連記事

Profile

メディア メソッド (個人事業主)
代表者 藤塚 佳苗
〒380-0803
長野県長野市三輪9-5-13
TEL. 026-219-2557
FAX. 026-219-2558

kanae fujitsuka

SSL導入代行

ホスティング引越し代行

施工例