NASの権限設定

NASにおいては、一人1アカウントが原則。

ただ管理者にて共有フォルダを作成して、ユーザー登録を行う場合など、確認用に権限切り替えが必要な場合もあります。

一人システム担当者さんも多く、NASに何を保存するかにもよりますが、

あらぬ疑いをかけられないようという部分には気を付けていただく。(何かあったときに、疑われてしまいます)

頻繁に行う作業でない場合などは、

スポットで呼んでいただくなど、外注にしてしまうという方法もご検討を。

 

流れ 共有フォルダを作成→ユーザーを登録→共有フォルダのアクセス権限を設定(※管理者はNASナビゲーターを用意)

ユーザー登録後、対象ユーザーの端末で確認出来ない場合などには、後半の作業が必要になるようです。(機器のよって違います。ざっくりした流れの把握に)以下、クリック。PDFで開きます。

何でもかんでもパソコンに保存して、クラッシュするたびに大騒ぎ….。

NASは使い方次第で、頼もしい書棚となります。

わかりやすいが一番なので、整理の仕方は、検討が必要。フォルダの整理にはNASマップ。私は、仕掛かりフォルダから、作業が終了したら、グループ分けした保存フォルダへ移しています。フォルダー間にはショートカットの活用も。

関連記事

  1. 理想の請求書

  2. 2018 ITの部分サポートをよろしくおねがいします

  3. 情報セキュリティ対策について参考になりそうなサイトとメモ

  4. 澄み渡る青空 防犯カメラ

  5. 情報機器の増加 ループだけじゃない ひとつのネットワークに、…

  6. VPN 構成図を動画に

ブログ一覧