21日は平成30年度秋期 情報セキュリティマネジメント試験でした。

自己採点の結果、

・・・不合格。

 

午前は、イケテました。負け惜しみです。

結構勉強して、落ちてしまったってとこが、キツイです。

明日から(今日はやさぐれていましたが)

働きますっ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記 11月21日 正式に不合格 午前ボーダークリア 午後!!。できる気がしない。こだまシテマス。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、セキュリティこそ、北風と太陽のお話のように、思いやりとかあったかさとかで広がる行為となるのでは?

冷たい突風では、生活委員の叫ぶ校則みたいな風になる。

問題のコンセプトに引っ掛け問題って必要?世の中は裏切りに満ちているから?ここでそれを感じろと?

社会は厳しいと充分身に染みてますから、試験問題にまで出てこなくても・・・。

試験会場では女性姿は、チラホラ程度。

技術者が欲しく待っていますが、女子は現場に出てこない。出てきても、大きい会社ばかりに行ってしまう。

セキュリティを現場で柔らかくこなす、女性は、きっとこれから必要となっていくはず。

門を広げて、人材の拡散を。

負け惜しみのおばちゃんの願い!!来年ガンバロ。