Googleworkspace

推し量らないもの。

ヘルプに答えるのは、AI.

「話す声はきこえるし、ことばは聞こえるのですが、話すひとの心は聞こえてこない」(ミヒャエル・エンデ『モモ』より)

応えているのは、人じゃない。

チャットから問い合わせメールへ。

二日ほどで、返事は来るけど、ピント外れな回答。

粘り、訴え続けるけれど・・・。

これまでか、あきらめかけて、相棒が言う、これ、こぉしてみたら?

門は、ロールプレインゲームのごとく、開く。

 

電話や遠隔、最後にいつ会ったかわからないけど、相棒とは、家族より話しているかもしれない時もある。

 

AIみたいな、灰色の人、多くなっている。

 

こんな方法、あんな方法、時々夢半分で、話すこともある。

仲が良いというわけではなくて。

違いすぎて、だけど、随分長く、こんな会話を続けています。

 

遠くないけど、近くもないけど、私たちは、周辺で、日々ある現場で、試行錯誤を、役割分担して、時々、ぶつかりながら、過ごしている。外からは見えないけれど、もくもくと、ひたひた歩き、気が付くたびに、少し顔をあげ、互いの顔を見上げる風に。

 

サーバ移転の、ゴールなき道は、一社に傾倒しない約束のみで、廻る。

 

数だけの差、一体何件になったのか、わからないけれど、つないでくれた恩人はもう世界にいないけど、性格も趣味も興味もかぶらない二人で、続けてきた。

考えてみたら、プロジェクトだってそう。短いものもあれば、長いものもあるけれど、

機を織る時は、お互い、巣の中。

気が付くと、メンバー、特色あるファイブジー(5爺)達との関係も、

個が集まって何かに向かうという意味では似ている。

ムーミンのお話のキャストのごとく、ひっそり、別々の性格をスルーして関わりあっているところが、良いのだろうと。

緊張感を維持したパートナーシップ。問題があれば、目的がひとつであれば、寄り添って、策を練る。

これだけで。

 

 

 

・シングルサインオン

・法人向け ホスティングサービスの選択で検討したいこと

 

 

 

 

 

メディアメソッドへの問い合わせ 守秘義務ご誓約書提出します メディアメソッド 藤塚 佳苗  長野市三輪9-5-13 TEL:026-219-2557 Fax:026-219-2558

mmblog

Posted by fujitsuka