ホスティングの移転とは・担当者様に行っていただくこと

レンタルサーバ、ホスティング、共用サーバなど、いろいろな名称で呼ばれます。

移転後、お客様に行っていただくのは、メールの設定だけ。事務処理は、代行し、印鑑など必要な場合は、送付します。

今一度、以下にまとめました。伝わるでしょうか?

レンタルサーバとは

 

移転後お客様に行っていただく作業

新サーバからメールを受信いただけるようになるまでの流れ

レンタルサーバー、ホスティングサービスの移転では、新サーバからメールを受信いただけるようにメールアドレスの設定を行っていただきます。

  • 新サーバー用メール設定をメールソフトに追加する。
  • ネームサーバ反映を確認したら、旧サーバーメールアカウントの送受信を止める。(エラーが出たら)
  • 適宜、旧サーバのメールのデータを現在のフォルダに移動させる。(同じアカウントのフォルダをまとめる作業)

Outlook2010/2013/2016は操作が複雑になっています。マイクロソフトの仕様のアップデートが多いことから、
現在の設定を変更しての設定は控えていただく方法でご案内しています。(プロファイルは削除しない)

送受信を止める

outlook pstファイルの統合

 

メールの設定がご心配な場合、端末のメールソフトがバラバラ、windowsliveメールの移行で不具合など、環境仕様がいくつも混在する場合は、出張設定をご依頼ください。日当で、対応します。(台数多い場合は、技術者調整対応可能です。基本、藤塚の出張での作業となります。)

 

関連記事

  1. dns1.plala.or.jp 新規申込受付終了

  2. SSLって何?

  3. ASAHIネット 独自ドメイン名ホームページサービス 201…

  4. レンタルサーバ移転代行のご紹介 動画編

  5. メール通信の暗号化出来ていますか? SPF設定出来ていますか…

  6. ホスティングの移転 気づいたことと操作のメモ

ブログ一覧