ホスティングのプラン変更、移転において、移転前にメールの利用方法のヒアリングをさせていただいています。

outlook2013/2016の更新により、操作が複雑になっています。

 

 

質問事項概略

windows ご利用状況のヒアリング

ご利用の OS・メールソフト を教えてください。例:outlook2013 windowsliveメール

◇outlook2013/2016を利用しているパソコンは、マイクロソフトアカウント ログインは出来ていますか?ログイン方法の確認:【設定】→【アカウント】回答例: ローカルログイン マイクロソフトアカウントログイン 法人契約で任せているところがあるのでわからない など

OneDriveの同期に注意

◇onedriveやicloudは利用されていますか?→ outlook 同期 の 問題

iCloudの同期に注意

 

注意:マックOSについては別途ご相談を。持っていないので検証に時間がかかります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アクティブディレクトリ(Active Directory)等のサインオンサービスのご利用はされていますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇メールを外出先で取得される方はありますか?取得されている場合、取得されている方法を教えてください。例えば、・会社のメールをgmail経由で取得されている・持ち出し用のパソコンがある など (台数)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇人事・会計ソフト・グループウェアなどへメールの設定をされていますか?送信用など。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇コピー機その他機器にメールの設定がありますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇UTM統合型脅威管理のご利用はありますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聞き取り後

聞き取りの結果、お取引のベンダー様にお伝えしておきたい内容もあります。その場合は、ホスティングサービスの変更を予定している旨を担当者様からお取引のベンダー様にお伝えください。お願い:トラブルを少なくするためのお打ち合わせです。電話で結構です。”メールだけ”の対応はお許しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

outlook2016 プロファイルの検証

プロファイルをもうひとつ作った場合の検証

◆ドキュメント→outlookファイル◆コントロールパネル ⇒ ユーザーアカウント ⇒ Mail(Office Outlook 2016)(32ビット) ⇒電子メールアカウント。
それぞれが見ている先は、 Outlook 電子メールのプロファイルですが、Windows レジストリに格納されている情報を引き出す方法に違いがあります。

トラブルの軽減には検証を。行ってみないとわからない・・・のリスクがあります。

パソコン操作が心配な場合は出張作業で

担当者さんの配置において調整がとりにくい場合、パソコン操作に心配など・・、出張作業を依頼いただくことをおすすめします。また、遠方の場合は、地域のパソコン操作サポート会社などへ依頼され、中継してのご利用も可能です。(電話での操作支援はします)

こちらも重要 ネームサーバー 変更後 メール が 届かない!?

ホスティングのプラン見直し、移転では、ネームサーバ変更によるリスクもあります。こことても重要です。ホスティング業者によって反映事務手続きに時間のかかるところ、比較的変更作業がスムースな所があります。アカウント数やメール取得頻度の高い場合は、ネームサーバ事務作業の遅滞が少ないホスティング会社を選択もひとつだと思います。dns レコード 変更 の ストレスは、上記メール作業と重なり担当者様の負担を増す事項にもなっています。

 

話が長い!!わかりにくい!!ごめんなさい。環境によりお聞きする内容は変わります。

お役にたてるよう、整理いたします。よろしくお願いします。