outlook2016、outlook2013のメールの設定変更について。

サーバ移転などでメールの設定変更を行いたい場合で、outlook2016を開き、【ファイル】→【アカウント設定】(アカウント設定)→【変更】や【新規】・・・では、自動設定画面が表示され変更できないケース。

変更キャプチャ 2019/05 追記

新規 2019/05追記

 

サーバ移転などでメールの設定変更が必要な場合は以下へ。※環境によって動作が異なります。環境については後にメモしました。(わかった範囲のこと)

場所 【コントロールパネル】→表示方法:カテゴリ【ユーザーアカウント】

outlook2016

赤枠部分から入ると、【変更】や【新規】から、手動での設定が行えます。※操作の際は、PSTファイルのバックアップを。

///////////////////////////////

プレインストール版は上記表示が出ない場合があります。(自動設定しかできない)

その場合は修復から修正が必要。『 regファイルを使用し、新しいアカウント設定画面ではなく従来のアカウント設定画面が表示されるように変更する』方法は、Microsoft OneDrive有効された後には、反映しません。

・officeプレインストールの移転の場合は、pstのバックアップを取ったうえで、修復から修正。(どうしても出来ない場合はこの方法)

・Microsoft OneDriveは、リンクを解除し、プログラムの追加と削除でソフトごとアンインストール。この場合、Microsoft OneDriveフォルダが残ります。削除しないこと。削除すると、ドキュメントにあるpstファイルに影響が出て、outlookが立ち上がらなくなる。修復は可能ですが、とっても手間がかかります。(かかりました)

・手動設定画面を出すには、officeを入れ直す方法で、上記手動設定が可能になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結論 サーバ移転でご依頼いただく場合は、同じバージョンのoffice2016/2013でも、幾つものパターンがあるため、引っ越し依頼いただいたお客様にのみ、出張設定するか、環境をお電話いただきお聞きし、操作補助します。office製品は、常にバージョンアップしていることから、リスク軽減のため、操作の際は、バックアップをとっていただくようお願いします。バックアップなしの場合はリスクを承知いただいた上での、操作補助とします。