biglobe オフィスホームページサービス 2018年2月28日提供終了 提供開始は、2002年10月21日(https://web.archive.org/web/20021203024129/http://homepage.biglobe.ne.jp:80/office/)

ネームサーバーは、[Name Server] ns06.mesh.ad.jp [Name Server] ns07.mesh.ad.jp

ドメインが年3480円、100MB までが無料、1GB 1000円/月、3GB 2000 というコース選択があった。

後継サービスは、http://www.fc.biglobe.ne.jp/  月額2,000円(ドメイン利用の場合、290円)

ホームページを作れるテンプレートが選択できるコースがあるようです。ただ容量は、新サービスとして提供される割に、50MBを推奨。

ドメイン利用のSSL 未対応 2018年11月現在 http://www.fc.biglobe.ne.jp/faq.html

 

biglobeには、もうひとつ、https://domain.biglobe.ne.jp/

個人用無料スペースを使い、独自ドメイン、独自ドメインのホームページを公開、メールアドレスひとつ利用できるプランもある。

こちらは提供が継続中。オプション手数料が、細かく、上乗せされ、合計すると、ランニングは大手ホスティングサーバなみ。

ネームサーバーは、オフィスホームページサービスと同じ、

[Name Server] ns06.mesh.ad.jp [Name Server] ns07.mesh.ad.jp

料金構成は複雑で、主には二通り。インターネット接続用の契約と合算されるもの、ベーシックコースなどに、オプションとして合算されるタイプ

以下はベーシックコース&オプションの構成例

https://join.biglobe.ne.jp/basic/ 「ベーシック」コース 200円/月

http://homepage.biglobe.ne.jp/intro/ryokin.html

接続コース(インターネット接続)を利用の場合は100M無料・ベーシックコースなどの場合は50M 500円/月

http://domain.biglobe.ne.jp/

独自ドメインの契約に関する料金 1000円/月

https://domain.biglobe.ne.jp/mail/index.html

独自ドメインのメール 一つ 200円/月

https://domain.biglobe.ne.jp/hp/index.html

独自ドメインホームページ 200円/月 以下のような利用ができる

http://www.○○○.jp/
→ http://www**.biglobe.ne.jp/~○○○/

その他、口座振替手数料200円などが加わっている。

SSLについては、未対応(2018/11/16)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、さくらインターネットへの移転した場合

biglobe側のドメイン移管手数料の20,000円が必須で、法外な価格というイメージ。

翌年以降のランニング  ドメイン共有SSL無料対応

2年で、移転費用を相殺していく。過去は忘れて、未来を見るっ!まっさら、出陣で。

ホームページ&メール ドメインは変更せず、移転代行承ります。

詳しくは、コチラ

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロバイダーの無料のホームページスペース提供終了は、

nifty『@homepage』提供終了2016年9月29日

OCN『pageon』提供終了2015年2月28日

最近では、au one net「ホームページ公開代理サービス」提供終了2017年10月31日というものもありました。

追記

au one net「ホームページ公開代理サービス」2017年10月31日(火)提供終了されていますが、FTPによるサーバへのアクセスはまだできるようです。2018年 4月1日まで(以降、FTPによるサーバのアクセスができなくなるそうです。)

https://hpkd.auone-net.jp/

 

レンタルサーバー比較

biglobeサービスはグローバルIP共有、メールのウイルスチェック無。請求書をご用意いただくと、料金シュミレーション、お見積り可能

移転代行について、詳しくはこちら

ミラサポに専門家登録しています。経由だと、補助金を利用して、藤塚を活用いただくことも可能。

本年度最終支援日2018年2月28日(水)。(登録、報告書など申請文書が必要です)