ホスティングの歴史を知りたくて調べていたら、2003年12月16日の記事、以下を見つけました。

『日本のホスティング・マーケットの歴史と現状を探る』2003年12月16日http://www.itmedia.co.jp/products/hyperbox/special/031215.html

2000年代のはじまりは、ADSLの登場で、ブロードバンド化へ。ビジネスの世界で、ドメインの利用は、自社サーバーやホスティング、ハウジングなど、多様に発展していきます。

2000年、当時私は、見えないものを扱う日々にかなり苦悩していました。仕組みを少しでもわかりたいのと、わからないことだらけのはざまで、”ちょっと、おかしくなりそうな日々”ミレニアム。

上の記事を見つけ、その後に起きたVERIOの終わりが、意味していたことや、バックボーンを追っていくと、競合しているようでつながっていたりすることなんかが、少しだけ納得できたような気がしました。

NTT.COM→GMO→KDDIからNTT.COM→GMO

とはいっても、わからないことだらけの日々は続いています。

歴史は大事。ホスティングサービスの情報は、各社、過去に提供されていたプランの内容を、変遷を、確認できる方法を、発表しない向きのようです。

歩んできた道を公開しない理由。利用者にも公表されない歴史。公開されないまま、消されていく?

まとまれば、利用者は助かるのではないのだろうか?そんなことを思いながら、『日本のホスティングサービスはユーザー中心ではない』記事にあった言葉が、胸に強く残ります。裏側の世界の横顔。わからぬままに上書きされて、見えない歴史。

利用者の実際で検証していかないかぎり、その変遷は見えないのか、日本ホスティング史。

ビジネス利用のホスティングの20年、選択に、仕組みのもとは、本当に応えてくれていたんだろうか?

 

興味ない?

こればっかりやってきて、この程度。

で、20年。

だから、知りたい。

偏りすぎた話でしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

情報継続収集中 平成ホスティング史