今年は、いろいろなプロバイダーが周年記念を迎えます。
OCNは20周年
さくらインターネット20年
GMOは21周年
長野県プロバイダー!JANISも20周年(ロゴで小さく発信)
長野県プロバイダーAVISは、記載はありませんでしたが、同じくらいではないでしょうか?
ちなみに、JPRSページには、「.jp」が30周年とありました。
各プロバイダーは、インターネット接続回線の提供やレンタルサーバー(ホスティングサービス)などを展開しています。
レンタルサーバーも変遷してきました。
最近では、
2014年9月末「OCNのホスティングサービス(レンタルサーバー)メール&ウェブ」のサービス終了や
2015年3月末「PowerMail」サービス終了
2016年8月31日「KDDIホスティングサービス (G120/G200)」 サービス終了などなど。
新規受付終了→サービス終了(後継のサービスを発表)傾向は、プロバイダーごとに違うようです。
JPRSページでは、ドメイン登録数が発表されています。
http://jprs.jp/about/stats/domains/index.html
上記から、co.jpの登録数だけ抜き出して、表にしてみました。

1996年から計算したら、属性co.jpドメインの登録数は、36万件にもなっていました。

長野県内より無作為に選んだ属性co.jpも表にしてみました。(464件)
2000年は、国内同様、長野県内においてもドメイン取得数が一番伸びた年だったようです。
レンタルサーバーのプランの変遷は見えませんが、ADSLがBフレッツとなり、光ネクストと変遷してきたように、個々のプロバイダーのレンタルサーバープランも大きく変遷しています。
5年以上見直しをしていないという場合は、積算してみるというのも、一つ方法のように思います。