★追記 2019年1月:BIZメール&ウェブエコノミーは2019年末提供終了が予定されています。詳細はプロバイダーへ。事業主様向けメディアメソッドのホスティング移行、移転代行もよろしくお願いします。

ネームサーバー変更依頼から反映まで時間のかかるホスティングサーバーには注意を

 

★マイクロソフトオフィス2013、2016のアップデートで、outlookのメールの設定変更場所が変更されています。マイクロソフトオフィス2013、2016のアップデートが行われているかによっても、表示が違います。ローカルログインのトラブルも出ています。アップデートの状態、Microsoft OneDriveの扱い、iCloud利用の同期設定においても作業が違います。以下は、マイクロソフトオフィスのアップデートが行えている場合の変更箇所例を以下に。

場所 【コントロールパネル】→表示方法:カテゴリ【ユーザーアカウント】

 

iCloudの同期を使っていない場合、プロファイルの追加でoutlookのデーター格納場所を変更するといのも、回避策に。以下はプロファイル解説

https://support.office.com/ja-jp/article/%E5%88%A5%E3%81%AE-outlook-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AB%E5%88%87%E3%82%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%E3%82%8B-be3b617f-3f64-43d3-9037-8313b431803c

Microsoft OneDriveの同期は、「OneDrive」の設定で無効にしても、windowsアップデートで復活してくるため、。[設定]の[アプリ]にある[アプリと機能]から[Microsoft OneDrive]を選択、[アンインストール]という方法もあり。こちらは、自己責任で。

参考:https://www.ikt-s.com/office-outlook2016-setting/

★機会にメールの暗号化設定の導入も 受信:経路暗号化 (POP over SSL)・送信:平文で通信スタート、途中から暗号化 TLS/STARTTLS (587)※送信の暗号化通信は相手先環境にもよります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<2017年8月31日>

2017年9月以降順次らしく、問い合わせをいただいています。

これまで、お声かけいただき、サポートしたお客様では、マニュアルを作成して社内にお配りいただくという方法をとりました。

マニュアルを配っても、トラブルで多かったのが、

システム担当者様からの周知の際に、パスワードはいじらないで、こことここだけ修正ください・・・っとお願いいただいても、

パスワードを間違って上書きされたり、

コピーして貼り付けてくださいとお願いしていても、打ち直しをされ、打ち間違いが発生する・・・などでした。

エラーが出てしまった場合は、【windowsアクセサリ】→【メモ帳】など、どこかに正しく打ち込んでから、貼り付ける(・[Ctrl]+[C] コピー ・[Ctrl]+[V] 貼り付け)活用いただくといいかと思います。

ちなみに、社内へ配布いただいた方法は、以下内容をパスワードをかけて配布するという方法を行っていただきました。

ワードにパスワードをかけて社内へ配布。ワードシートは差し込み印刷にてシステム担当者様にmediamethodより納品時のエクセル元データよりインポートして作成していただく。

★Windows Liveメール(2012)のサポートは、2017年1月10日に終了しています。Windows Liveメール(2012)のメールデータをOutlook 2016に移行参考以下(リンク切れ等防止のため、貼り付けてどうぞ)

https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=019476

 

★お客様からいただいた情報『秀丸メールは、添付のような感じで出来ました』

★beat-boxがある場合、IMAP・SSL通信制御でチェックを外しておかないとダメ。