Gmail経由でドメインメールを受信、送信できる設定もありますが、今回は、ドメインメールをGmailに転送して、ドメインメールで送信できる方法を紹介します。今回は、さくらインターネットサーバを例にご紹介します。あらかじめ、さくらインターネットサーバコントロールパネル内で、対象のドメインメールアドレスを、Gmailへ転送します。(他のサーバはマニュアルを見て手続き方法を確認ください。※ちょっと聞きたいはサポートセンタへ。藤塚利用の場合は、有料です。)

Gmail経由で、ドメインのメールで送信できるよう設定する手順。送信したメールは、メールソフト側への転送するなど策を。メインは、outlookという考え方としました。

 

Gmail経由で、ドメインのメールで送信(返信)できるよう設定

outlookなどメールソフトで“確認コード”を受信し、記載。

まとめ

1.メールの転送設定は、コントロールパネルからなど、利用サーバの手順に従ってください。ドメインメールをGmailへ。転送することで、ドメインメールをGmailにログインして取得できます。メール転送の場合、メールは、サーバに受信されることなく、転送されます。メールをサーバに保存させる期間を設けなくても、受信ができます。

2.Gmailからドメインメールで返信できるようになります。手順は流れを確認。Gmailへは送信サーバのみ登録。

3.返信方法は、ドメインメールだけから。

4.送信したメールは、メールソフト側への転送するなどの対策を。無料のGmailに全部任せてしまうのはリスクがあるので、メインはあくまで、outlookという方法をおすすめします。

付録:Gmail経由でドメインメールを受信、送信できる設定。

Gmailにログインし、歯車のマークをクリックし、【設定】をクリック。【アカウントとインポート】タブを選択。【メールアカウントを追加する】。画面、少し下の方。場所間違えないように。

知りたいことを知らせてもらえないこと。では実際どうしたら良いか?上書きされていく技術の更新の中では、都度、操作検証しながらとなります。(失敗することもあります。)

会社のセキュリティポリシーで許されない場合もあります。導入は、システム担当者さんに確認してからとしてください。