問い合わせいただいたので、ギリギリですが紹介しておきます。

KDDIホスティングサービス (プラン20/50/100)の提供終了2019年9月30日

後継のサービスとして紹介されているのは CPI ACE01(ACE01も後継サービス SV-Basicにリニューアルされています)価格で見合わない場合は、さくらインターネットが紹介されています。

NTTコミュニケーションズさんが、BIZメール&ウェブエコノミーの提供終了のサービスに、NTTPCコミュニケーションズさんを紹介していて、KDDIさんが、さくらインターネットを紹介しています。

そもそも価格の違い、サービスの大きな違いは何なのか?

KDDIホスティングサービス (プラン20/50/100)は、一つのグローバルIPアドレスを、複数のドメインで共有して利用するタイプ。

さくらインターネットさんのプランも、一つのグローバルIPアドレスを、複数のドメインで共有して利用するタイプです。

CPI  ACE01(後継SV-Basic)は、ドメインに対して、固有のグローバルIPアドレスを割り当ててくれるタイプ。

NTTPCコミュニケーションズ、WEBARINA suiteX V2スタンダードは、ドメインに対して、固有のグローバルIPアドレスを割り当ててくれるタイプ。

NTTコミュニケーションズさんのBIZメール&ウェブビジネス ベーシック、スタンダードもドメインに対して、固有のグローバルIPアドレスを割り当ててくれるタイプです。

グローバルIPアドレスが、ドメインに対して、共有か固有かの違い。これが、どう影響するか?これまでも、移転の際に、何度も話題に上るこのテーマでした。ネームサーバの書き換え時に反映が速いとか、SSL導入時の違いなどあげてきましたが、(過去の記事

スパムメール扱いの影響の違いが一番大きい!!と結論。

サーバを移転したら、送付したメールがスパム扱いされた・・・。UTMなどの導入が進み、スパム対策に力をいれる企業も増加しています。SPFやIPV6の設定が出来るサーバもありますが、UTMがブロックするIPはウイルス対策ソフトが提供するスパムリストです。スパムIPアドレスのリストに、共有SMTPサーバのIPアドレスが記述されていれば、スパム扱いとなる。SMTPで共有で、所属するサーバで他のユーザーがスパムを出していれば、その影響を受けます。共有されるグローバルIPに落とし穴がありました。

取引先に配慮が必要な事業主様には、IPアドレスを固定で固有に割り当ててくれるサーバを!!移転後に、また引っ越しをするのでは、メールの設定変更の稼働が大きくなります。

取引先にスパムではないなどの申告する面倒を思えば、サーバ価格の違いにも、折り合いにも結論が出る・・・のではと思います。

法人様向けのサーバ移転代行の現場の声です。

その他、メモ

※webarina メール暗号化設定ではIPは共有になります。暗号化なしでは固有

メール暗号化設定 この表示の問題解決にはなります

 

※KDDI SV-Basic メーリングリスト使用不可(ACE01では利用できましたが、変更となりました)

※KDDI ACE01 2019年のサーバ移転で作業代行させていただいたお客様(SSL導入1ドメイン無料)は継続できるそうです。(CPI問合せ済)2019年以前に移転いただいた場合は、SSL導入済の場合は、SV-Basicへの乗り換えがお得(メディアメソッド移転代行費4万円の元が取れます)

メールのスパム扱いについては、プロバイダー側への質問の仕方もあります。質問の仕方で相手方のサーバ担当者に問い合わせくださいと案内され、恥ずかしい話になってしまうこともあります。「お客様側からのメール送信は完了しているものの、送信先で迷惑メールとして振り分けられているなどの可能性が考えられます。by sakura』アクションを起こす前に…検証を※さくら SPF設定ありますが、SMTPでIPの確認が必要

本題から随分それた話となりましたが、法人の移転代行は、メディアメソッドの有料移転代行(1ドメイン4万円から)をご検討ください。