ssl設定 代行 HTTPS化導入代行 ドメイン証明書インストール代行およびページチューニング 

more もっと詳しく

ssl設定 代行 HTTPS化導入代行 ドメイン証明書インストール代行およびページチューニング

「ドメイン認証」証明書代行インストール 料金 25,000円(税別)(Apacheサーバ向け)

 

保護されていないページでフォームメールなどに入力すると赤字で注意喚起されるようになりました。あなたの送るメッセージは暗号化されないで、送信されますよという意味です。実際に情報を盗み見られるリスクがどれくらいあるかより、(実際あるので表示されるわけですが、)このように表示されてしまうホームページは、そのホームページを公開している側のセキュリティへの意識の表れ。費用を抑えて、セキュリティを導入するご提案です。

以下 左から 導入事例

 


作業例
・CSR生成、ドメイン認証証明書取得代行、サーバ内ドメイン認証証明書インストール作業
・httpsホームページ表示用ページ内チューニング
・更新時、再インストール時に必要な情報ファイリング、データ納品・更新時電話サポート(要予約)

書類のお預かりに際しては守秘義務誓約書提出しています。お見積り書作成いたします。

暗号化の証明書は、クライアント側(ホームページを閲覧する側のパソコン)に設定されている証明機関に問い合わせが行われます。

閲覧しているパソコン側から、公開されているSSLのブランドを調べるには、特別なサイトを利用するなど、工夫が必要。

つまり、閲覧者側のポイントとしては、「ドメイン認証」「企業認証」かということより、

暗号化されているか、httpsかが、最初のポイントになります。

以下はkingsslをインストールしたあとの、見え方の違い。左はwin7(ESET利用)のパソコンから。真ん中はwin10(ウイルスバスタークラウド利用)のPCからの見え方。右は、DigCert SSL Tools検索結果より OCSPというのは、ドメイン認証証明書の意味

 

Apacheサーバ向け 「ドメイン認証証明書」は、サーバ会社ごとに様々なプランが出ていますが、価格の幅が大きく、高すぎる!!

一度SSL化を行うと続けていくということも大きなテーマとなります。

・SSLサーバ証明書は、認証レベルにより「ドメイン認証」「企業認証」「EV認証」の3つに分けられます。ホームページ閲覧者側からのアクセスにおいて、「ドメイン認証」「企業認証」において、ブランド違いによって、暗号化プロセスが変わることはありません。kingssl の 2年1600円を利用したドメイン認証証明書やSSL証明書が無料で利用できるサーバ、もしくはサーバプランをご案内しています。(サーバ環境によって、導入できるSSL証明書が異なります)

・CPI旧サーバプランの方は、サーバプランの見直しを。サーバプランによっては、契約サービスを見直すことによって、ドメイン認証証明書が無料になるケースもあります。

・ウェブページだけで、メールの頻度は低いという利用の場合、さくらインターネットさんの無料のSSLと自動更新を選択するという案もあります。

・ドメイン認証証明書のインストールにおいては、多くのサーバがサポート範囲を制限しています。必要な時に利用できる運用支援で、手離れ良く、担当者様のお手を煩わせないHTTPS化の導入ができます。

・注意点もあります。ドメイン認証においては多くのサーバにおいて、期限がくれば証明書の更新が必要になります。ご依頼いただいたお客様には、次年度以降の更新時の電話サポートを無料で行っています。(要予約)

・注意点2 HTTPS化作業はドメイン認証証明書のインストールだけでは、ありません。ホームページの表示のためのチューニングも大切。導入を夜間に行い、ページの表示チェックを行います。ミスを少なくするために、サーバ担当、WEB担当、2名のチェック体制で承っています。

注意点3 ホームページ作成上の問題から導入を見送りさせていただく場合があります。webカメラ、一部アクセス解析など見直しを必要とする事例がこれまでにありました。WEBカメラのHTTPS化もご相談承ります。

ご用意いただくもの

サーバの契約書類一式

more もっと詳しく

 

ブログ一覧