手書きして、清書する

ひかり電話の切り替えと、VLAN。固定回線側の見直しにも気が付く。

切り替え作業

ひかり電話 ダブルチャネル 番号ひとつ

1.内線番号エントリーでIP端末のチェックをはずし、設定ボタン。

2.ひかり電話共通設定で、優先着信ポートを”アナログ端末(電話機1)”

3.主装置の職人さんとともに、発着信テスト

VLAN

APはWAN側を固定、LAN側IP体系を別にする

SSIDは、お客様開放用に統一

VLAN 8  1:all/2:1/3:2/4:3/5:5/6-8:6

社内PC、複合機などは6から8番目のポートを利用。

 

作業後、今後の改善案も考えられたので、メモ。

手書きして、

清書する。

 

ひかり電話はダブルチャネル契約でエースプラン。停電や災害時は、ボイスワープさせる。ボイスワープ先は、携帯や、アナログ回線に単体電話機をつけることで利用する。(ボイスワープ、リモート切り替え登録を行う)

CAT端末は、2台とも、LAN対応のものになるとのことで、機器取り換え後は、ISDN回線は解約廃止。アナログ回線は、火災通報装置の機器の都合と、災害時用に残す。BCP、策のひとつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ホスティング引っ越し後に想定されること 事例 

  2. VPN チェックシート

  3. 会社のDNSキャッシュサーバの動きがおかしい?

  4. おでかけ https Webカメラ

  5. ホームページを更新するための仕組みづくり

  6. Bizメール&ウェブ エコノミー「POP before SM…

ブログ一覧