現場調査、出張設定あり。

インターネット接続サービスの利用が本格化した2000年代前半。企業は、独自ドメインでホームページを持ち、メールアドレスを会社独自のものにして、利用をはじめました。

co.jpのドメイン取得。ピークは2000年。ドメインを取得するとともに、運用するためのホスティングの契約を結んだ時代。ビジネスの世界では、多様に発展を遂げてきたホスティング。長野県内でも、avis、janis、須高ケーブルテレビ、lcv、松本ケーブルテレビなどプロバイダーがホスティングサービスをはじめました。

以下一例:株式会社協同電算さんの『avis』 容量と価格変遷を調べました。(作成2012年)

プラン変更も割引も、契約者が見直す意志からはじまります。プロバイダーのページを見ても、古いプランは掲載から省かれていることもあります。

ウイルスチェック、迷惑メール対策などの機能。容量の増加。ホームページの写真は軽くしましょうと言われていた時代は過ぎ、ブロードバンド化の普及に伴って、画像、映像を重要視する時代へと大きく変化しています。オプションの解約忘れが、経費に大きな負担を生んでいたということも。