Exchange Online導入後、ホームページのお問い合わせフォームに不具合出ていましたが、解消できました。

サーバ移転の検証に、メールはExchange Online、wwwはBIZMWとしたのが、2月の末。

その後、spf設定→DKIM設定→DMARC設定へ辿り着き、ほっとしていたのですが、

問い合わせフォームの検証を失念しておりました。

wordpress Contact Form 7が動いていなかった!!

ガーン。

マイクロソフトフォーラムを探しても、答えが見つからず、

「webサイトに設置したメールフォームからの送信を受信しない」とか近いのも記載されてましたが、ちょっと違って、森に入ってしまってました。

つということで、森に入ってしまった備忘録です。

行ったこと

1.wordpress管理者確認 WPログイン後、設定→一般で確認 ドメインメールアドレスになっているかどうか。

2.『WP Mail SMTP』プラグインインストール→設定 →SMTP ホスト『smtp.office365.com』→TLS選択→ポート587→認証オン→smtpユーザ名:メールアドレス→メールのパスワード。

っと、ここで、メールが送信出来ない!!

マイクロソフトのサポートにすがる。

さらっと、

Exchange Onlineのセキュリティで、【セキュリティの規定値群の管理】をoffにしていないと、外部アプリからメールが送信出来ないとのこと。

操作した場所忘れそうなので、メモ

 

Microsoft 365 Apps for business へ管理者としてログイン

管理

すべてを表示

Azure Active Directory

すべてのサービス

ID

テナントのプロパティ

セキュリティの既定値群の有効化を「いいえ」に (アンケートに応えないと進まない)

 

3.『Contact Form 7』→編集→メールタブ→送信元確認

 

問い合わせのフォームを作り直し、解決!!

 

マイクロソフトのお兄さん曰く、それでも解決しない時は、例のExchange Online powershellへ接続しての云々というステップもありとのこと。

ゲットコマンドの云々。またそこなの?くじけそうでしたが、わたしの場合は上記操作で解決できました。まずはバンザーイ♪ゲットコマンドの迷宮はコワイです。

 

追伸

マイクロソフトのお兄さんがExchange Online powershellの操作を細かく送ってきてくださいました。

以下、やってみました。『組織全体の認証済み SMTP が True (無効) で、ユーザー個別の設定が False (有効) に
設定されている場合には、認証済み SMTP は有効になります。』日本語が難しいです。で、これでいいということ。

smtp設定_powershell

 

 

メディアメソッドへの問い合わせ 守秘義務ご誓約書提出します メディアメソッド 藤塚 佳苗  長野市三輪9-5-13 TEL:026-219-2557 Fax:026-219-2558

mmblog

Posted by fujitsuka