サイネージ検証中

mmblog

サイネージの検証で、IOーDATAさんから、DS-ASTB1をお借りしました。
接続の構成は以下です。

DS-ASTB1 接続構成
リモコン操作で、
MP4の動画の繰り返しと、静止画のスライドショーを表示させてみました。

コンテンツは、USBに入れます。

動画は15秒程度で短すぎたのか、切り代わりに画面がパカパカする感じが気になりました。

検証用のディスプレイは、手持ちのものだったため、正しい結果だったのかどうか。

 

windows10のPCでディスプレイ拡張機能を使い、【フォト】→【スライドショー】もやってみましたが、コンテンツを媒体に差し込んで、表示させるだけという点では、DS-ASTB1の方がズッと便利です。そりゃ、そうですね。・・・。

比較には、『クラウドサイネージ for Google Drive』も含めました。

こちらは、インターネット接続が条件です。androidタブレットを利用。ページ更新時は、画面を2回タップします。自動で切り替わりますが、表示更新に5分ほどタイムラグが出るなど、癖はあるようです。

いろいろなサイネージサービスがでています。

安価に、サイネージ導入できるということで、まずは、こちらに決定となりました。

検証風景。

ありがたい経験です。

 

追記

そしてこうなりました。少しだけ。

事例では静止画となりました。

サイネージ用の和風のテンプレートっていうのが少なくて、

商用利用可能のフリーサイトから背景画をダウンロードして、

パワポでアニメーション加えてみる案もだしてみました。が、こちらは採用ならず。

パワポダウンロードできます。背景や画像は変更すれば、バリエーションも作れます。

コンテンツはおまけです。

 

 

タブレットを入れるケースは課題です。

温泉の硫黄、電子機器には良い環境ではないので、守ってあげるという部分でも、今後の課題です。

和風の場所には、市販の金属製のものは、しっかりはしていますが、イメージにあいません。

今回は、額を利用するなどしています。和風の邪魔にならないようにIT機器を導入するって、結構、気を使う部分です。ずっと課題。大工が得意な父が生きてたら、頼めたのにと。

竹で枠とか、

行灯の上に枠を作って、とか、

落語の題を飾る建具みたいな(こうざ台というらしい)とか、

畳の枠でとか、柱風とか、畳だから、クッションになっていいかも。吉田さーん、呼びかけ。

相談するのは、表具屋さんか?いや、建具屋さんか。

気になるけど、浮かばない。

 

良いのが浮かんだら、

欲しい方あるだろうか?売れるだろうか?

次は、もう少し。

次が、あれば、ですが。

タイトルとURLをコピーしました