ホスティング移転支援

2021 ホスティング移転支援 ドメイン・メールアドレスは引き継いでお引越し

長野県長野市 法人向けホスティングサーバ移転支援 メディアメソッド

法人向けホスティングの移転の聞き取りで聞くお話に、比較をされず契約を継続されてきたという声があります。

長く使うと、信頼も愛着も湧きます。スタンダードが10年過ぎれば変わるように、進化の早いITを見定めは、ブランドへの過度の信頼を少し疑ってみるということから始まるのかもしれません。

インフラサポートの経験を活かして、事業主様のホスティングの移転を支援しています。

 

ホスティングとは

ホスティングと言うのはインターネット上に借りるお部屋です。事業主様では、何とかco.jpや何とか.comなど、ドメインで運用されていることが多いです。サーバタイプも、共用型、グローバルIP固定型、メールだけのホスティングサービス、VPSなんていうサービスもあります。

よくあるご質問に、インターネットに接続するプロバイダーが変わるのですか?というのがあります。

インターネットに接続するプロバイダーはそのままです。

合算になっていて、わかりにくいサービスもありますが、

作業場所は、あくまでインターネット上に借りているお部屋の引っ越しです。

ホスティングとは?レンタルサーバとは?

クリックで拡大表示

 

サーバー移転の流れ 例

サーバー移転の流れは、現在の利用環境と移転先で行いたいこと、ご要望で、スケジュールが変わります。

ヒアリングを大切にしています。

メールのご利用数、

ホームページの作成方法、制作会社さんとの調整はどのように。

移転先サーバへ求める事は?

HTTPSの扱いは?

メールの利用ソフトは?送受信方法は、POP?IMAP?Gmail利用は有り無し?

日々に与える影響が大きいので、どうしてそんなことを?的な質問もあるかもしれませんが、

お電話で、聞き取りさせてください。

以下は、移転の流れの例。お客様ごとに環境は違います。

レンタルサーバ移転代行費用 1ドメイン 44,000円~

ヒアリングの後、お見積りします。1ドメイン44,000円(税込み)を基本とし、特別な作りこみなどない場合、同金額で承ります。メールも5つアカウント程度までは同金額。移転後の操作補助など内容含め、ヒアリングの後、お見積りとなります。

サーバプランはお客様指定です。事業所様向けレンタルサーバ比較表あります。サーバプランの違いで移転費用に差を設けていません。

サーバ移転代行 内容

・ホームページコンテンツの引越し(ワードプレスの移転、ホームページの若干修正可)

・問い合わせフォームメール移行

・メールアカウント作成(メールの暗号化設定など変更電話補助・マニュアル送付・pstファイル統合補助・SPF設定・ウイルスチェック、迷惑メールフィルタリング初期設定チェックなど・メール出張設定希望の場合は別途お見積り)

・移転に伴う指定事業者、レジストラー変更(ドメイントラブル対応・英語対応SE利用手配の場合は別途お見積り)

移転後のデーターのファイル納品

・新プロバイダー申し込み代行、旧プロバイダー廃止手続き補助(新規契約、解約にかかわるプロバイダーへの送付書類の準備補助)

・作業はすべて手作業。目視確認は2名のダブルチェック。切り替えは原則夜間。
※守秘義務に関するご誓約書提出

※お客様ご指定のレンタルサーバーへの移転。サーバプランによっては、移転作業の都合上、サーバへの支払いを弊社で代行し(料金上乗せ無し)、ご請求時に加算させていただく場合があります。

お客様にご用意いただくもの

現在の契約情報を記載したもの

例: ★コントロールパネル情報 開通通知書などのタイトル ★ドメイン取得時のID/PW

お客様に行っていただくこと

新サーバの指定(契約)・メールの設定変更作業

オプションnetworksolutions などの移管トラブル、英語での対応可能です。

ドメインのID、パスワード忘れなどのトラブルが発生している場合、海外レジストラーへ直接コンタクトが必要な場合があります。費用は別途(目安3万円から)。英語の出来るSEさん(しっかりした方)手配可能です。

2018年whoisのルールが変わりました。

注意事項もあります

★ネームサーバ書換え直後は、ホームページの表示やメールの取得が不安定になる時間が発生します。理由はサーバごとに様々ですが、社内、社外、必要な方々への案内をお願いします。※HTTPS化導入済のサーバ移転の場合は、サーバプランによって影響に違いがあるため、移転前チェック方法ご案内しています。(hosts記述方法案内。目視チェックをおまかせいただくこと可能)

★サーバ移転される場合、メールアドレス、ホームページのアドレスには変更ありませんが、メールソフトの設定変更が必要です。(旧サーバのメール設定方法がpopかIMAPかよっても作業方法が異なるため、ヒアリング時に事前チェックをお願いしています)遠隔操作サポートします。

★サーバの仕様は、会社ごとに違います。オープンにされていない情報もたくさんあります。仕様が変更されることもあります。移転先は問いませんが、コロナの影響などで最近はサポートセンターにつながりにくい状況も続いているため、問合せしながら進めますが、お含みおき頂きたい事項です。

サーバ比較表について

サーバ探しをお手伝いしています。複雑で比較の基準が難しいサーバ選択。事業主様向けに、グローバルIPアドレスの割り当ての仕方、ウイルスチェックや迷惑メールフィルタリング機能、SPF、請求書の送付方法の違いなど、運用方法やセキュリティ面を含め、比較してみました。

以下は2021年6月調べ。仕様の詳細は各ホスティング会社へお問い合わせください。注 特定プロバイダーの代理店などではありません。

法人向けホスティング比較表20210621

法人向けホスティング比較表 お問い合わせの際にお渡ししています

ネットに出ている”サーバ比較” 本当に大丈夫でしょうか? インターネットの時代、サーバの比較もネットを頼って・・・という方も増えました。確かにたくさんのサイトがサーバ比較を行っています。びっくりするくらい安いサーバもあります。ただ、事業主様向けにサーバ引っ越しの現場で見ていると、ネットで公開されているサーバ比較では、対象としているサーバ利用の目的が趣味か仕事かというそもそもな違いなのか、大事なことがが見落とされているように感じています。安いだけ、高いだけで選択しない・・・、必要な機能は何かを、事業用として検討ください。

★HTTPS化導入済みの移転には、工夫も必要です。影響の少ないサーバ、影響が長引くサーバなど、レンタルサーバ(ホスティングプラン)にもよります。

★メールソフトの設定方法では、自動設定画面からではなく、手動設定画面からとなります。操作マニュアルをお客様ごとに用意しお出ししています。出張設定や、電話での遠隔操作案内(ウルトラビューアー利用)を行っています。

送受信の暗号化 契約サーバによって仕様があるので確認を

送受信の暗号化 契約サーバによって仕様があるので確認を

★移転後の操作 ホームページの表示には、利用されるブラウザーのキャッシュや、ネットワーク環境(ルーター)のキャッシュが影響する場合があります。こちらも、操作方法をご案内しています。

 

HTTPS化導入代行やってます

ホームページのHTTPS化。暗号化は時代のキーワード。サーバ移転の際に、ご一緒にご検討ください。

HTTPS導入率

HTTPS化とは、ホームページを公開しているサーバとホームページを閲覧する人の間の通信に暗号化をとりいれたもの です。

公衆無線LAN、スマホなど、ホームページへのアクセスは多様化しています。

ブラウザのGoogleChromeやFirefoxは、URLの部分に「保護されていません」などの表示で、あらゆるHTTP通信をHTTPSへと勧める動きを強化しています。

私流な説明になりますが、リスク発生の確率より、(実際あるので強化されてきたのですが)

Https化はホームページを公開している事業者のセキュリテイへの配慮や意識、姿勢を表すものなのだと思います。

セキュリティを気にしていますよ そんなアピールのHTTPS化導入もありなのではないでしょうか。

ページを閲覧する方を不快にさせない、思いやりを。

注意!!

HTTPS化は途中でやめるということはできません。ホームページの表示に影響でます。ここも考慮したうえで導入検討ください。

HTTPS化導入代行 27,500円(税込み)~

ドメイン認証証明書を主に、ページの表示チューニングと合わせて代行作業行います。証明書は提供サーバごとにルールが違います。サーバをお聞きして、無料、有料、自動更新についてお調べしてからのご案内となります。

参考:プロバイダーが提供する証明書導入代行はページチューニングを含みません、

大事です、ページ表示チューニング。

http://お客様ドメイン名→https://お客様ドメイン名

http://www.お客様ドメイン名→https://www.お客様ドメイン名

https://www.お客様ドメイン名 あるいは https://お客様ドメイン名

あるいはどちらでも、どちらかへ表示。

どれでアクセスしても、鍵付きのページがきちんと表示されるように。

 

 

こういうメッセージ出ていませんか?平文設定のメールソフトの暗号化 操作補助行います(遠隔サポートやってます)

 

 

 

 

サーバ移転は、中間調整が、キーワード。

Googleworkspace、マイクロソフトエクスチェンジ、事業主向けの選択は多方向へと向かっています。

思い出していただける顔に。また、声をかけていただけるように。

まっさら出陣、お手伝いします。

メディア メソッド Kanae Fujitsuka
タイトルとURLをコピーしました