会社のネットワークのロードマップ

mmblog

INSから始まって、ADSL、ひかり回線へと変遷してきた、ネットワーク。

見直しが必要なところを気づくのにも、全体の変遷を振り返りながら、未来を見るような視点が必要に。ネットワークのロードマップ的なこと、あるといいのかと、ざっくりですが、まとめてみました。

(図、ルーター多め?でした。3台くらいが、平均的なところ?)

1.lan 遅い原因 調査

会社のLANが遅い切り分け調査。

ハブのランプの色。よくあるパターンの、オレンジと緑。オレンジに(100base)遅い方に引っ張られます。カスケードの、カスケードで、どんどん遅くなります。

ケーブルに文字。よーく見ていただくと、問題は、cat5。eのついてないケーブルに注意。

増設、増設で変遷してきたケーブルや機器。業務が出来なくはないので、発見が遅れがちです。cat5eもケーブルの寿命は18年と言われています。

過去、現場調査では、屋内用のケーブルを、外で利用していたケースもみられました。こちらは、ケーブルの寿命ではなく、正しい利用方法ではありません。屋内ケーブルは紫外線、雨風に対応してません。

屋外用ケーブルで、cat5eは、20年越えで利用されているけれど、被膜が寒冷地用で、まったく問題なしだったケースもあります。

通信機器の法定耐用年数は数年前にルールが変わり、年数で判断するものではなくなりました。が、規格仕様は、変化しています。

参考:国税庁のページ

参考:エレコムさんのページ

 

2.VPNの行方

専用線、フレッツグループアクセス、インターネットVPN 、フレッツVPNワイド。プライオ、ユニバーサルワン。クラウド。VPNの仕様は、電話内線化の仕様の変化を併走させながら、変化しています。最善に努力する、ベストエフォートという考え方も、インターネットアクセスへの集中や、NGN網内の混雑状況で、最善の努力が追い付かなくなってる・・・。

プライオ>フレッツVPNワイド>インターネットVPN

並べて速度比較をしてくれるところが、あるといいですが、ダイナリーの方向、参考に。

 

3.電話設備の行方

固定電話の景色も変わりつつあります。

昔は、電話設備、ビジネスフォン等は、6年が耐用年数でした。頑張って10年使う・・・みたいな事業主様が多かったように思います。が、こちらも、空模様は変化。

過渡期感。

方向定まるまで、中古で時間をしのぐ・・・っていう方法もありだと、個人的には思っています。

追 コードレス、アナログからのデジタルへ。言われて、そうかと。

4.ホスティングの空模様

2022年もメール不達についての相談は継続的にありました。昨年と違うのは、内容も、不達だけでなく、迷惑メール扱い、転送時の不達など、複雑になってきたように感じます。

背景には、セキュリティ強化でUTMを導入する企業が増加していることも。(spfでクリアになってもRBLリストでNGなど)

参考:RBLなど解説 以前の記事です

Gmail(google)も、セキュリティ強化されていて、今後も問題は増えていきそうです。

ispに相談しても、「相手側サーバ管理者へご相談ください」なんて回答で、原因の切り分けに協力的ではなかったりします。共有送信サーバが原因→対処。

2023年の法人向けホスティング キーワードはメールサーバとウェブサーバ分離?

2023年の法人向けホスティング キーワードはメールサーバとウェブサーバの分離

個人的には、

メールは、送信サーバーもグローバIPアドレスを割り当てしてくれるWさんのメールホスティング。

WWWは、xさんのワードプレス高速表示

が、推し。あくまで、個人的に、トラブルが少ないと感じている、組み合わせです。

 

社内ネットワークのロードマップ

ネットワークのロードマップを考えて未来予想図

ざっくりですが、社内LANやWANの管理のロードマップ、考え方の基本的なこと図にしてみました。

計画は、事業主様ごとに違うので、たたき台に。

敷地の広い会社、拠点の多い会社、電話がメイン、電話はそんなに使わない、メールはメイン、そうでもない・・・それぞれの条件で優先順位は変わります。

 

 

ドメイン管理・ホスティング管理

ウェブサーバ web改ざん対策 PHP MySQLバージョン問題によるwordpressの表示遅延 https化
メール メール不達状況確認

PC管理 マイクロソフトアカウント管理

会計ソフト 業務ソフト ウイルス対策ソフト

回線契約 ISP契約

電話設備管理

携帯電話管理

プリンター複合機管理

データ(共有)管理

VPN
クラウド

 

5Gが来て、ローカル5Gがやってくる・・・。(かかわられたらなぁ・・。端っこでいいので)

それそれのロードマップ。

多層なネットワークを俯瞰して、方向性を確認していく時代に。

通信機器が増えた分、複雑化は避けられないからこそ、把握とバランス。

DXの言葉だけにまどわされることなく、俯瞰して、それぞれの、ロードマップ。

山は、コツコツ、ひとつづつ、ですね。

 

 

 

 

 

 

mmblog
長野市 NWエンジニア ITコンサルタント メディアメソッド Kanae Fujitsuka
タイトルとURLをコピーしました