小規模オフィスのネットワークと言っても、光などのアクセスラインとセットのルーターや、Wi-Fiルーター、スイッチで、デスクトップPCやノートPCなど、多数の端末とプリンターなどの周辺機器で構成されます。

通信会社の提供する光電話ルーターと市販のWi-Fiルーター
ルーターは、有線接続を提供するイーサネットポートを持っています。以前、通信会社の提供する光電話ルーターと市販のWi-Fiルーター(B社)を有線接続した場合の速度比較を行いました。結果は、通信会社の提供する光電話ルーターのスループットの方が高いという結果となりました。Wi-Fiルーターは、環境が許せば、機器はAPアクセスポイントの利用に限定させるほうが、好結果に。

こちらは知られた話ですが、コストを気にする場合は、通信会社がレンタルで提供する無線カードより、市販無線機器の購入をおすすめします。ビジネスでも利用される一般的な市販製品で比較しても、2年ほどで機器代の”元”もとれます。

通信会社の提供する光電話ルーターでも、性能の良いスイッチ(HUB)を介した方が、ネットワークからかかる負荷を分散させ、個々の機能を良いコンディションに利用できます。

時々、5ポートくらいのHUBをいくつもカスケードさせてご利用されている環境を見ますが、可能であれば、HUBもネットワーク全体に対して1つのスイッチに。イーサネットケーブルをきれいに配線出来れば、メンテナンスもしやすくなります。

ずくあれば、速度改善には、UNIポート→セッションHUB→CTU セッションHUBからルータの構成でインターネット接続も。ONUから直接ルータのWAN口に持っていくのと同等の構成です。ひかり電話利用の場合、NTTルータはPPOEもVOIPも動かすため、背面のイーサネットポート、有線接続のスループットが落ちます。図ではPPPOEを動かしていますが、回線の遅さが気になる場合は、NTT機器は光電話VOIP利用のためだけとし、VPNやインターネットの接続はセッションHUB配下に機器を接続させ、利用するという方法を。ひかり電話利用の場合は、CTUへ必ず戻す配線を忘れないように。ちなみに、ひかり電話はセッションを使いません。そのため、HUBで分ければ、一つの光回線でプロバイダー契約は2つまで接続できます。

参考:https://flets.com/hikaridenwa/use/uniport.html 機器の変更が必要な場合があります。

ルーターによるスループットの違い。同じプロバイダーでも、通信会社が提供するルーターとYamahaRTX1210などのビジネス仕様のルータでは速度差が。

プロバイダーによっても、接続速度に違いがあります。※O社はデフォルトV6使ってセッション2使う。

小規模オフィスのネットワーク設定は、運用の規模と規模に適した機器の購入、インターネットへの接続端末の増加を見越した設計がキーです。

面倒だと思われたら、メディアメソッドへ。

配線工事者手配します。無線Wi-Fi接続用案内カード、操作案内、アフターサービス、工事写真帳、電波環境の調査報告書作成なども準備します。

高いものにはそれなりの理由もあります。高いだけある。

限られた予算では、工夫で接続速度改善やネットワークスループットを高めるなども必要です。

小規模オフィスのネットワークと言えど、お仕事で使う道具。出来るだけ、快適となるよう、現在の構成を元に、機器調整を考えます。

以下、音あり 音はいらなかったです。伝えたかったのは、あるものを活用しての改善もやります、考えられますということ。

動画がブームだというので、実験してますが、センスの無さに・・・。

振り返ること、四半世紀以上前、斜陽な商店街で過ごした10代でした。この仕事をしていて、大手の方法にどうしても迎合できない理由の原点はそこにあります。10代の、社交性ない、菓子屋の孫は、商店街はどうしたらと真剣にあぐねてました。時間は過ぎ、「ICTで解決」みたいなことになっています。利用者が道具にされていやしないか?多層にわたりはじめたこの仕組みにおいて、煙に巻かれていやしないか?原風景が私を放しません。

田舎の片隅のおばちゃんの独り言が、若い人に届いたら、どこかの偉い方の目に触れたら、今日使える技術になれば・・・世界は少しは変わるかもしれない。そうなったら、いいな。まっ、そんな理由のあれやこれや。あほですね。