IPv6PPPoEの迷路

IPv4(PPPoE)以外にインターネット接続できる通信方式としては、IPv6(PPPoE)とIPv6(IPoE)の2種類がある。

「通信速度を速くするため」には、IPv6(IPoE)方式だと言われる。

けれど、この方式は、IPv6のみに対応しているため、アクセス先のWebサイトやWebサービスがIPv6に対応している必要があるという条件がある。IPv4からIPv6への移行期であるため、IPv6に対応していないWebサイトやWebサービスも世の中には多く存在することから、IPv4(PPPoE)方式で接続して、アクセス先のウェブサイトがIPv6接続に対応している場合は対応可能なIPv6(PPPoE)を使うという切り替え方式での対応。

一方、IPv6(IPoE)で、IPv4 over IPv6。IPV6に対応していないところに対して、自動的にIPv4接続へとトンネリングを設けて変換される技術もある。

うーん。

受発注で使うEDIや、webでログインするタイプの仕事、先方サーバがIPV6に対応しているかいないかまで、お客様の業務をすべて洗い出してというのは難しい。ただ、IPV6に対応しているのに、それで接続できないというのもどうなのか。導入してみないと、検証できないという部分も不安。

大切なのは、従前利用できるサービスを支障なく継続できること。

IPv6(PPPoE)にするには、主装置の4BRUユニットから、LANで出し、ルータへ接続している場合は、以下のような構成で構成を組まないと、IPV6を有効化できない。

VPNは組むのか?組まないのか?

大切なのは、従前利用できるサービスを支障なく継続できること

IPv6PPPoEに対応するために

IPv4 over IPv6とひかり電話オフィスタイプ

RAにしたら、既存主装置とはどう接続するんだろう?接続できないからクラウドPBXみたいなことになるのかな?

 

やってみないとわからない世界、「そこから先は・・・」が多くて、仕組みは、足で見つけていくという風。

仕組みを追う旅には、もういくつかの同じ方向を向いてくれる頭がないと進めない。

迷路から、ポット出た開けた場所の向こうには、また森。

 

 

メディアメソッドへの問い合わせ 守秘義務ご誓約書提出します メディアメソッド 藤塚 佳苗  長野市三輪9-5-13 TEL:026-219-2557 Fax:026-219-2558

mmblog

Posted by fujitsuka