カテゴリーケーブル(8芯)の顔で外に出る、2Pはくせもの

電話の仕組みは奥が深い。

インフラエンジニアというカテゴリもわかれますが、

言い訳は聞いてもらえませんが、

私の範囲は、データ系で、

仮想内線とか、

ひかり電話とかってなると、机の上の世界で現場に弱いです。

 

しかしながら、世の情勢、向かわざるを得ません。

 

青白_茶黄、青白_茶黄、型番105Tは、1P、

8芯で出てるけど、ふたのなか(ローセット)では4、6芯?みたいなことで、

2Pでした、みたいなこと、

解決したから良かったものの、迷宮に迷いこみます。

 

原因は、

2Pは、カテゴリーケーブル(8芯)の顔で外に出てたから。

 

役割が違うくせに、風を構えているから、迷いが生まれる。

 

ケーブルに、「私は、こんな風体(8芯)で、表に出ていますが、4芯となるため、内線系の役割を果たしている2Pです。音声系が私の仕事です」

みたいな、シールとか、何か、書いといてください。

 

これで、迷宮に入る方、多いはず。

 

悩んだ人にしかわからない、ボトルレター。

 

いでたちに、迷わされない共通シールみたいなもん、なんか、作ろうよ。

その役で、外に出るときは、ケーブルの色にルールとか、宣言シールみたいなもの。

 

3時半に起きて、19時に帰路に着き、ちょい、ハイテンションです。

 

どこかに続いているはずの大通り、

「2P宣言」シール推奨キャンペーン!!

カテゴリーケーブルの風ですが、私は2P

冒険したぞ、ぴょん。

 

追伸

かけた時間の差は、きっと、それぞれのカテゴリーで別れるとなるけれど。

頭はひとつより、ふたつ、みっつ。

協力的に、ベクトルだけは同じ向き。

ここにあがろうとする旗、

上から見るか、

下から見るか。

大丈夫、

私たちは、

大通りに近いはず。

 

 

 

 

 

2Pがくせもの

メディアメソッドへの問い合わせ 守秘義務ご誓約書提出します メディアメソッド 藤塚 佳苗  長野市三輪9-5-13 TEL:026-219-2557 Fax:026-219-2558

mmblog

Posted by fujitsuka