火災通報装置 回線 アナログ

火災通報装置の地方ルール

回線 アナログ

事例:BGF1181 パナソニック 火災通報装置 応答確認ランプ付 音声ROMパック別

音声ROMパック別!!

ここの取次は購入店からとなり、迷路が始まります。

購入出来ても、ここの中間作業で放り出される。

サポートもマニュアル通りの反応で冷たく。

 

ROMの音声、不定フレーズは、ここ信州も、市町村ごとに違うルール。

中間を調整、資格者を調整、現行品かどうかのルールの厳しさも。

 

間のことの調整は難しいけれど、ここだって、表舞台にはならない縁の下の世界。

解決は、資格者の使命感と、

調整側の”やる気”にあったりします。

 

終われば、軽々と空に放り出されてしまう、喉元熱さであったとしても。

火災通報装置 アナログ
アナログ回線においては、発砲側は回線をつかんで指令台に119番通報、着信した指令台は回線をつかんだまま、リバース信号を送り、発砲場所の専用電話機を鳴動させ、通信先と発砲側の通話を行うことによって、電話回線は切断されないまま、通話が成り立つ。 NTTのアナログ回線に限定される。ナンバーディスプレイ不可。電話回線は火災通報装置を優先。

 

 

 

 

メディアメソッドへの問い合わせ 守秘義務ご誓約書提出します メディアメソッド 藤塚 佳苗  長野市三輪9-5-13 TEL:026-219-2557 Fax:026-219-2558

mmblog

Posted by fujitsuka