ITスポット受託 英語のできるSEさんの手配 指定事業者変更、移管トラブル対応

ホスティング移転代行 ITスポット受託 指定事業者変更、移管トラブルに対応

ホスティングの移転では指定事業者変更、移管のお手伝いをしています。時間の経過とともに、・登録担当者・技術連絡担当者が変更になっている場合や、メールアドレスが取得できなくなっているケースなど、機会に整理しています。移転代行の際は、adminメールを作成し、担当者に転送するなどし、紙焼きファイル、データファイルで納品し、管理いただきやすい工夫をしています。臨機応変な対応で、目的としたところに辿りつけるようにしています。守秘義務ご誓約書提出。トラブルをスポットで受託します。

大切なものほど、しまってしまって、出てこない!!再発行手続きの困ったも、手順を整理して、臨機応変に。

 

最近は、公開代行を依頼できる仕組みを持つ会社もあり、whois の公開ルールも変化しています。一方で、登録担当者、技術担当者などの更新がおろそかになって、いざ移転の際に情報の入手に困るケースも発生しています。

ITスポット受託 英語のできるSE手配できます

gtldドメインの移管トラブル対応します 移管には専門用語やドメインの種類ごとにルールがあります。日本語で手順をわかっていても、専門用語を英語に置き換える作業は至難の業。サポートセンターに電話するにも、技術的な知識も必要です。Whois公開ルールの変更で難しくなっている点もあります。移管を保証するものではありませんが、ご相談ください。※SE稼働時間で解決できなかった場合も費用発生します。手配の都合上、お時間いただく場合があります。目安30,000円から

例:RDAPから調べて、情報修正依頼 サポートセンタ交渉

 

ホスティング移転代行 ITスポット受託 守秘義務に関する誓約書あり ドメインをあきらめてしまう前に、ご相談ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メディアメソッドへの問い合わせ 守秘義務ご誓約書提出します メディアメソッド 藤塚 佳苗  長野市三輪9-5-13 TEL:026-219-2557 Fax:026-219-2558

mmblog

Posted by fujitsuka