outlookはプレビューオフ ウイルス対策ソフトの初期設定をお忘れなく

outlookprevewoff 2 mmblog

outlookのプレビューを有効にされている設定をよく見かけます。ウイルスは開封しただけで感染するものや、開封確認を行い、繰り返しメッセージを送付してくるタイプもあります。

※補足:ウイルスは開封しただけで感染するもの・・・とは、実行ファイルを起動させるものがあるということを指しています。

ウイルス感染経路、総務省さんのページで、体系的に紹介されています。藤塚が書いてるものだけでは信用できないって方もあるかもしれないので、以下URL張っておきます。

https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/risk/02-1.html

操作方法をピックアップしてみました。

outlookはプレビューオフ

outlook2016 を開き、【表示】【閲覧ウィンドウ】オフ

 

【表示】【メッセージのプレビュー】無効にする

outlookはプレビューオフに メール作法2

新着メールのポップアップ表示を停止

office2016、2019 設定しない状態では新着メールがポップアップで表示されます。ここで、迷惑メールの本文プレビューされてしまうことがあります。

→メッセージを非表示にする もお忘れなく。音はお好みです。

【ファイル】【オプション】【メール】【メッセージの受信】

outlookはプレビューオフに メール作法3

電子メールのHTMLスクリプト非表示

電子メールのHTMLスクリプト非表示

outlook上部より、
【ファイル】をクリック、
【オプション】クリック
左メニューの中から【トラストセンター】もしくは
【セキュリティセンターの設定】を選択
【トラストセンターの設定】をクリック
【電子メールのセキュリティ】をクリックし、
テキスト形式で表示の欄、の部分、チェックを入れます

HTML表示にしておくと、メッセージの中にスクリプトと呼ばれるプログラムを挿入できるので、メッセージをプレビューした瞬間、スクリプトが動いて、ウイルス感染してしまいます。

考え方としては、受け取るもテキスト、送るもテキスト、です。

送るもテキスト

メールは、送るもテキスト、受け取るもテキスト

ウイルスバスターの初期設定 迷惑メールと添付スキャン、初期値はOFFです

ウイルス対策ソフトを入れていても、迷惑メールフォルダや添付ファイルのスキャンが無効になっているケース非常に多いです。(ウイルスバスタークラウドの場合)

ウイルスバスターの初期設定は本家がもっと詳しく案内されています。以下参考URL。

https://helpcenter.trendmicro.com/ja-jp/article/tmka-18967

outlookのメールウイルス対策 作法1

wpformを利用したお問合せフォームです

社内パソコンのセキュリティ 初級編

自己流や個人任せになりがちな部分です。少し情報が加わるだけで、日々の運用の目安になります。

資料

 

社内のメールセキュリティ、設定、ご相談ください
  • UTMやセキュリティ機器の環境ヒアリング。
  • ウイルス対策ソフトの種類
  • ホスティングサービスの種類
  • メールソフトの種類、ドメイン利用の登録アカウント数など
まずはお電話で

インターネット環境、ドメイン、ホスティングサーバ、メールの資料のご用意いただき、まずはお電話でお話しをお聞きします。

長野県内のお客様は、ネットワーク環境の現場調査もおこなってます。

メールの設定支援で伺ったら、別のセキュリティの問題が発生していたということも、ままあることから、事前の現場調査、お打ち合わせをおすすめしています。

 

タイトルとURLをコピーしました