windows10 NASにアクセスできない パソコン初期設定シートNEW など

パソコンの初期設定シート

また修正。

インターネットに接続して設定するか、接続しないかで手順が変わります。

どちらにしても、officeを導入するのであれば、マイクロソフトアカウントの登録は必要になるので、大切なことは書きとどめて、保証書やライセンスシートとともに、ひとところに保存を。

パソコンを導入した日(セットアップした日)も、ここで控えておかないと、後では調べる術がないので、こちらも控えをとっておきましょう。

以下クリックでPDFが開きます。エクセルはコチラ(ウイルスチェック済、ご自身でも念のためお願いします)

パソコン初期設定 チェックシート20210701

NASへのアクセスや共有へのアクセスが出来なくなった時の対処法

キーボード winndowsのマーク+R 検索窓へ control

コントロールパネル→大きいアイコン→資格情報マネージャ-→windows資格情報

資格情報の追加もしくは入れ直し  VPN接続の際も、ここポイントでした

メールの暗号化設定

暗号化してない例、以下のメッセージ

メモ

●SMTP Authentication(送信サーバー(SMTP)は認証が必要にチェックして受信メールサーバーと同じ設定を使用する)

●暗号化はISPやホスティングサーバごとにルールが違います。 受信:経路暗号化 (POP over SSL)995、送信:平文で通信スタート、途中から暗号化 TLS/STARTTLS (587) あるいは、受信:経路暗号化 (POP over SSL)995、送信:SMTP over SSL (465)

●pop、smtpサーバ記述はホスティング会社の指示に従う。

outlook2019 メールの自動設定?

IMAPを大勢で利用すると、サーバ負荷が高くなります。

microsoft365(エクスチェンジオンライン利用の場合は、基本IMAPなので、ちょっと別に考えます)

一般的には、ホスティングサーバの情報をシステム担当者に確認して、利用に問題ないかの確認を。

はじめてofficeを立ち上げて設定する時は、手動設定を選択。

後に修正する場合は、ファイル→アカウント設定→プロファイルの管理を押下 → 変更もしくは新規に再設定を。

IMAPに設定してしまってから、popに変更する時は、過去のメールをどうするかというのもテーマです。

 

ホスティングサーバーも容量の多いものが増えているので、IMAP利用と言う選択も考えられます。こちらは、一度どこかの端末で開封すると同期もとれて便利です。が、一方、サーバには負荷がかかります。何年かに一度めぐってくる、ホスティングサーバーの移転という時にも、手間のかかるIMAP、これは移転の際の手間を了承して利用するという考え方で。(サーバ移転支援やってます)

PCの詳細を保存

キーボード winndowsのマーク+R 検索窓へ msinfo32

編集→すべて選択→コピー テキストなどに張り付けて、PCの詳細を、パソコン初期設定シートとともに、プリントアウトしておきましょう。メモリ増設とかSSDにするとか検討する時に、仕様確認できます。

Onedriveの同期

仕事でご利用されるパソコンの場合、この同期は厄介。同期はしないを選択しても、windowsupdateの陰で復活して、同期復活なんてことも。

onedriveというソフトを削除する場合は、【プログラムの追加と削除】からアンインストール。

onedriveを利用していた場合、同期を止めても、インターネット上の借りたお部屋へはアクセス出来るので、必要なものはそちらからダウンロードできます。

マイクロソフトアカウントでログインすればデータは見れます。

ただ、この操作、利用していたものを、あとから止める時はドキドキします。大丈夫と分かっていても、反映に時間がかかるので、正常表示となるまで時間がかかるので。何度かの再起動が必要みたいです。

よくわからない・・・と、不安になったらマイクロソフトサポートへ電話。これが一番安心。

買ったばかりのパソコンが、うんうん言う・・・、原因はいろいろですが、同期の有効が原因だった・・・って例は多いです。

 

マイクロソフトアカウントでトラブル

サポートセンターの利用が◎。ただ、チャットや電話は混み合うこともあるので、時間がたっぷりある時で。

ログイン、ログアウトで困った時は、

シークレットウインドウを利用して、ログインし直すというのも方法です。(クローム→縦に並ぶ・・・→シークレットウインドウを開く)

 

ここのところの案件から備忘録でした。続くと、覚える、違うことをしてると、すぐ忘れます。自分で書いたものを見直して思い出すために。

 

 

その他 ここのところの、こんなこと

・sipサーバ不安定 原因はV6自動対応とセッションHUB

・HUBカスケード、想像以上にネットワークを遅くする。そのオレンジランプに全てが引っ張られる。

・消防設備と音響の迷路 マイクのチャンネル調整ってプロはすごい

・キー何とかの、SSIDと暗号化の組み合わせの迷路。今更ほしいハズキルーペ。

・パワポでマニュアル、私も以前、膨大にそれで作って猛省しましたが、世の中、ワードとエクセルとoutlookしか入れてない会社の多いです。証跡は大切ですが、エピデンス連呼の会話に受話器を置きながら、お客さんの前で唱えたら、蹴って放り出されるなって空を見上げました。中小企業デジタ何とかの国の事業の憂鬱というか、うん、でも、大丈夫です。私はアナログで出来てます。聞いた言葉を日本語に置き換えて、ちゃんとお客さんに説明できるはず。リスケ、マイグレ、エピデンス、言ってれば仕事してることになる人もいるんですね。あー世界って広い、高い空の向こうが遠くて、ちょっとアブナイ、引っ張られそうになりました。

 

IT人材提供 長野市IT化に支援が必要な時、IT人材、ちょっと手が足りない、そんな時、フリーランスがお手伝いします

 

 

 

 

 

メディアメソッドへの問い合わせ 守秘義務ご誓約書提出します メディアメソッド 藤塚 佳苗  長野市三輪9-5-13 TEL:026-219-2557 Fax:026-219-2558

mmblog

Posted by fujitsuka