TEPRA SPC10 流し込み 応用編

TEPRA SPC10 流し込みの応用編

「必要なドライバが組み込まれていない可能性があります」メッセージで、くじけないようにするための、備忘録

機器に貼るシール作りをしました。

仕上がりサンプル

まず流し込みたい元データを作ります。エクセルを立ち上げ、データ作成。

エクセルでデータを作り、保存をcsvで
エクセルでデータを作り、保存をcsvで。

エクセルでデータを作り、保存をcsvで保存ここまでは下準備。

テプラSPC10を立ち上げ、備品管理メニューから、テンプレートを選択。18mm利用。

複数データ流し込みを選択。参照ボタンで、先ほどCSVを選択。

備品管理メニューで テンプレートを選び、複数データ流し込みを選択
備品管理メニューで

テンプレートを選び、複数データ流し込みを選択

エクセルで保存してしまうと、『必要なドライバが組み込まれていない可能性があります』メッセージがでます。

エクセルで保存してしまうと、NGメッセージが出ます
エクセルで保存してしまうと、NGメッセージが出ます

項目の部分は、打ちなおします。文字部分をダブルクリックすると、最初はポップアップで窓が開きます。

文字の大きさ、レイアウトを調整。
文字の大きさ、レイアウトを調整。

あとで調整するときは、左上でも変更可能

項目が印刷面に収まっているかどうかは、右のデーター部分 順番にクリックし、左レイアウト確認

文字の修正は、右データー部分で変更

ファイル→印刷

印刷表示が出ないときは、グレーの何もないところで一度クリック

流し込みのチェックを確認

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一行の流し込みの際は、左右サイズを設定してから、流し込み新規を選択。メニューが変わらない時は、グレーの余白部分をクリックして左メニュー表示させる→定長をクリック。上下矢印でテープ長を指定 サンプルは20mm

出来上がりイメージ

ファイル→流し込み印刷→新規作成→データ部分へ、エクセル表から、列分のデータをコピーして貼り付ける。

データを張り付けたら、四角□にTの文字をクリックして手のマークにしてから左へドラッグ。

インデックスは9mmの透明を利用 トンボ用には6mm透明or白

 

トンボには6mmを使い作成。段ボールのギザギザに差し込んで持ち歩き

参考 前の記事 TEPRA SPC10 流し込み

 

メディアメソッドへの問い合わせ 守秘義務ご誓約書提出します メディアメソッド 藤塚 佳苗  長野市三輪9-5-13 TEL:026-219-2557 Fax:026-219-2558

mmblog

Posted by fujitsuka