UiPath メール添付PDFを一括フォルダ格納→PDFプレビュー表示

mmblog

UiPathの勉強、続けていますが、どうやっても出来ない項目があって、壁に・・・。

っということで、振り返りで、気分転換。

出来たことにフォーカスして、

日常に役立つオートメーション化を考えてみました。

メールに定期的に送付されてくる添付のPDF。煩雑な日々、ついつい保存を先延ばしにしていました。いざ、資料を見て遡りたい時に、いつも、outlook内で検索かけて、行ったり来たり、探し出す作業に時間がかかっていました。

 

決まった送り主から添付されてくるデータを一括フォルダ格納。

結果は、数秒で、40ファイル分をフォルダ内にダウンロードして格納♪

そのPDFを画像で確認(これはadobeの設定変更だけでサムネイル表示できます)

デスクトップ版のoutlookアプリを使用→繰り返し(各メール)のフィルターに、Aさんのアドレスと指定した日数より新しい分でデータを取得できるように指定。

保存先フォルダをUiPathのプロジェクトフォルダ内に設置。

保存フォルダを開くと以下の様な表示でしたが

アドビ アクロバットリーダーでPDFを開き、編集>環境設定で、一般→

『windows ExplorerでPDFのサムネールのプレビューを有効にする』にチェック。

表示方法を、特大アイコンに変更して以下の表示となりました。

 

 

今回の場合、送付してくださる方が、名前の付け方を統一して送ってくださっていたので、並べ替えで日付順にもなり、整理が美しく完成。

スモールにDX化、達成感!

追伸

独学は、孤独。同じ独学でも数名でなら、乗り越えられることもあるのかな。孤独な壁の乗り越え方は、テーマです。そして、UiPath、有料となるまで、あと少し。